ハードディスク・HDDの仕組み・部品解説

ハードディスクの仕組み

ハードディスク(HDD)は幾つかの精密パーツからできています。そのパーツのどれかが故障・エラーを起こしてもハードディスク(HDD)は正常に作動せず、データの読み書きができなくなってしまいます。

このハードディスクの部品の中でヘッドは壊れやすく、故障した場合、カコン、カコン、とかカツン、カツンなどの異音が発生します。高いところから落としてしまった場合や、落とさなくても、発生しやすいやっかいなトラブルです。

また、モーターも経年劣化すると、回転数が正常値まで上がらず、ヘッドが浮くことができず、データの読み書きができなくなります。基盤のファームウェアーエラーやハードディスクを落としてしまった場合にも起こる症状です。

部品やパーツによるハードディスクの障害を通常、物理障害呼び、データ復元・HDD復旧料金は非常に高額となります。当社ではそのような機械的な物理障害でも格安で復元いたします。

なかでもヘッドやモーターは故障の頻度が非常に高いため、データのバックアップ及び定期的なハードディスク(HDD)の交換はパソコンを使う以上、必須作業となります。

関連記事

  1. ハードディスクのパーツ解説

    ハードディスク・HDDの仕組み

  2. 論理障害

  3. 異音の発生

    物理障害

  4. ハードディスクの内部構造

    ハードディスク・HDDについて

  5. ファイルシステムと互換性

  6. ハードディスクの故障症状

    ハードディスク・HDDの仕組み・故障解説

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お申込み
お問い合わせ

お客様の声

  1. 垣原様
  2. 金山様
  3. 益井様
  4. 内藤様
  5. 小山内貴樹様
  6. 高田様
error: Content is protected !!