ファイルシステムと互換性

現在、WindowsXP以降のOSを使用されている場合、FAT16・FAT32・NTFSの全てのファイルシステムに対応しているため、どの形式のファイルでも読み取ることが可能です。

但し、古いOSであるWindows98・98SE・Meを使用している場合、注意が必要です。ファイルシステムがNTFSであるWindows2000やWindowsXPのデータは読み取ることができません。一旦、Windows2000またはXPでFAT32でフォーマットしたハードディスクにデータを移してから、Windows98・98SE・Meで読み取る必要があります。

そのため現在、市販されている外付けHDDのほとんどはFAT32、NTFS、exFATのいずれかでフォーマットされており、最新のOSからデータの読み書きが可能です。

但し、NASやバッファロー製、アイオーデータ製のネットワーク対応のハードディスクの場合、リナックス形式のext2、ext3などのファイルシステムを使っています。

そのためケースからハードディスクを取り外し、USBなどで直接、ハードディスクを読取ろうとしても認識することは出来ません。

直接、読取る場合には、OSがリナックス形式である必要があります。

関連記事

  1. ハードディスクの故障症状

    ハードディスク・HDDの仕組み・故障解説

  2. ハードディスクのパーツ解説

    ハードディスク・HDDの仕組み

  3. ハードディスクの内部構造

    ハードディスク・HDDについて

  4. セクターとクラスター

    セクターとクラスターとは?その違いについて

  5. 論理障害

  6. 異音の発生

    物理障害

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お客様の声

  1. 宮島 渉様
  2. 垣原様
  3. 金山様
  4. 益井様
  5. 内藤様
  6. 小山内貴樹様
  7. 高田様
error: Content is protected !!