ハードディスク・HDDについて

ハードディスクの内部構造

ハードディスクとはコンピュータ内でデータやOSやプログラムを記憶する機器のことです。コンピュータ内部の記憶装置としてはハードディスクやフロッピーディスクなどの外部記憶装置と、半導体メモリを利用したメモリなどの主記憶装置に大別されます。

 

ハードディスクの特徴

外部記憶装置であるハードディスクは磁気的に記録を行なうものが多いため、動作は遅くなりますが記憶容量が大きく、電源を供給しなくても記録が消えないという特徴があります。

 

一般的なメモリーの特徴

メモリは半導体素子を利用して電気的に記録を行なうため、動作が高速でCPU(中央処理装置)から直接読み書きすることができますが、単位容量あたりの価格が高いため大量には使用できず、また電源を切ると通常記録内容が失われてしまいます。

通常のコンピュータには、このハードディスクとメモリーの両方の記憶装置が装備されており、利用者がプログラムを起動してデータの加工を行なう際には必要なものだけ主記憶装置に呼び出して使い、長期的な保存にはハードディスク(HDD)等の外部記憶装置が利用されることになります。

 

記録を保持するメモリー

一方、同じメモリーでもUSBメモリーやSDカード、SSDのように電源を切っても記録を保持するメモリーもあります。年々、高速化と大容量化が進んでいますが、それ以上にハードディスクの大容量化と低価格化の方が進んでいるため、記憶容量や使用用途によって棲み分けがされています。

ワードやエクセルなどの1ファイル当たりのデータ容量が少ない場合には、USBメモリーが向いており、デジカメの場合には、軽量化のためSDカードやeMMCが主流です。

ビデオカメラもデジカメ同様にSDカードやeMMCが主流です。

ですが、一時的な記録には向いているSDカードやeMMc、USBメモリー、SSDも、長期のデータ記録には、あまり向いていません。

元々、大容量化が難しい側面があり、大容量のデータを保存、記録する装置としては、USB外付けハードディスクやNASなどが主流です。

 

ハードディスクの故障

但し、年々、大容量化と低価格化が進むハードディスクですが、壊れた時の損失はかなり膨大になるケースがほとんどです。数年間に及ぶデータを保存しているケースが多いため、故障した場合、一度に大量のデータを消失するトラブルになってしまうことが一般的です。

 

もし、万が一、異音や机の上から落としてしまった場合など、ハードディスクを認識しなくなってしまい、データ復旧が必要な場合には、一度、弊社データ復旧サービスまで、お問い合わせください。

関連記事

  1. ハードディスクのパーツ解説

    ハードディスク・HDDの仕組み

  2. ハードディスクの故障症状

    ハードディスク・HDDの仕組み・故障解説

  3. 論理障害

  4. セクターとクラスター

    セクターとクラスターとは?その違いについて

  5. ファイルシステムと互換性

  6. 異音の発生

    物理障害

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お客様の声

  1. 宮島 渉様
  2. 垣原様
  3. 金山様
  4. 益井様
  5. 内藤様
  6. 小山内貴樹様
  7. 高田様
error: Content is protected !!