パソコンを初期化する方法

パソコンの動作不良などがあった場合、初期化することで直るケースがあります。

但し、メーカーや型番によってもパソコンを初期化する方法は違います。パソコンの「初期化」とはメーカーの工場出荷状態に戻す作業のことを差し、「再セットアップ」または「リカバリー」とも呼びます。

この初期化で問題になるのが、データのバックアップが取ってあるかどうかです。
データのバックアップがあれば、初期化リカバリーが一番、早い解決法です。

 

初期化リカバリー用のシステムはハードディスク内部に保管

また問題となるのは、この初期化・再セットアップに必要なCD-ROMやDVD-ROMが付属しているかどうかです。というのも最近のパソコンでは、この初期化・再セットアップに必要なCD-ROMやDVD-ROMが付属していないケースが多いからです。
 

では、どこにあるのかと云えば、パソコン内部にあるハードディスクの中にあります。

そのため、ハードディスクに障害が発生してしまった場合、初期化・再セットアップ自体がユーザー自身では出来ないことになります。

リカバリーディスクは購入時に作成しておく

パソコンの動作不良の多くはハードディスクのトラブルが原因であるケースが多いため、初期化・再セットアップに必要なデータをハードディスクに保存していることは非常に矛盾があります。

かつて古いパソコンでは、必ずメーカーが初期化・再セットアップに必要なCD-ROMやDVD-ROMが付属していましたが、余程サポートが大変だったと見え、最近のパソコンのほとんどは、ユーザー自身が初期化・再セットアップできるようにはなっていません。

初期化・再セットアップに必要なデータをハードディスクに保存しているのはメーカーの恣意的な判断があると想像できますが、初期化リカバリーメディアは購入時に作成するなど、故障以前に作っておかなければいけません。

パソコンの動作不良が発生した場合、且つバックアップデータがある場合には、ハードディスク内部にあるOSとは別パーテーションに保存されているリカバリー領域を呼び出し、初期化を実行します。

ハードディスク自体に問題がなければ、各種ファンクションキーで初期化リカバリーデータが格納されているパーテーションを呼び出し、再セットアップメニューを呼びだすことが可能です。この特定のファンクションキー操作はメーカーやモデルによっても違うため、メーカーの公式サイトでそれぞれ型番から確認する必要があります。

 

ハードディスクに問題がないかどうかは、ウィンドウズが起動するかどうかが1つめのチェックポイントです。
Windowsが起動するけど、動作が遅い、反応しないなど、購入時よりもおかしい場合、且つデータのバックアップ完了後に、初期化リカバリーを実施します。

メーカーや型番によってもパソコンを初期化する方法は違う

Windowsが起動しない場合、BIOSでハードディスクが認識されているかチェックします。BIOSの呼び出し方法は再セットアップ・初期化リカバリー方法と同じでメーカーや型番によっても違います。DeleteキーやF10などが比較的多いようですが、BIOSの呼び出し方法を確認する必要があります。

 

BIOSの呼び出し方法が分からない場合、一番簡単なのは、ハードディスクを取り外し、他のパソコンにUSB接続をしてみることです。
取り外したハードディスクがそれで認識できるのかどうか試してみると良いでしょう。

ハードディスクが認識できない場合、保存してあったデータの復旧をどうするかどうかが大事です。データ復旧の必要がない場合にはメーカーに問い合わせて初期化・再セットアップしてもらうのが一般的です。

 

但し、データ復旧したい場合には、メーカーに送って初期化リカバリーしてはいけません。
ハードディスクを交換されてしまったり、OSの上書きをされてしまうためデータ復旧ができなくなります。

そのため保存してあったデータが大切な場合、弊社データ復旧サービスをご利用ください。

関連記事

  1. パソコンの電源ON時に異音がする

  2. スキャンディスク後にフォルダやファイルが消失

  3. WINDOWSロゴ

    WINDOWS(ウィンドウズ)のロゴマークは出るのに起動しない、その先…

  4. セーフモード

    ウィンドウズ(WINDOWS)がセーフモードで起動してしまう

  5. BIOS

    BIOS画面は起動するが、HDD(ハードディスク)を認識してない

  6. パソコン障害エラーチェック

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お申込み
お問い合わせ

お客様の声

  1. 垣原様
  2. 金山様
  3. 益井様
  4. 内藤様
  5. 小山内貴樹様
error: Content is protected !!