ハードディスクのフォーマットとデータ作成を何回か繰り返した

フォーマットのデータ復旧

ご質問約1年前にデータを削除後、ハードディスクをフォーマットしました。その後もデータを作成後、何回かフォーマットしています。それでもデータは復元可能でしょうか?

お答えハードディスクのデータはフォーマットしただけでは、内部の記録情報は通常、消失しません。そのため問題なのは、フォーマット作業ではなく、データの上書きや保存の方が問題となります。

フォーマットはデータを破壊する

ハードディスク内部に記録されているデータはフォーマット後、データを作成すると、どんどん上書きされていきます。データは一部でも、上書きされるとファイルエラーとなり、正常に読取りができなくなり、開くことが出来なくなります。

またフォーマットを何故実行したのか?も実は重要なポイントになります。というのも、通常、フォーマットは余程のことがない限り実行するものではないからです。比較的、多い理由に、データ保存容量まで使ってしまいデータが必要ないと思ったのでフォーマットを実行。その後に大切なデータがあったことに気が付いたというパターンが多いのです。

その他に、問題があるのは、データの読み込みや書き込みに時間がかかるようになり、フォーマットを実行してみれば良くなるのでは?と思い実行してしまうケースです。

データ保存容量制限まで使ってしまったケースも、読み込みや書き込みに時間がかかるケースも、どちらも問題なのは、購入から数年経過している場合です。

というのも、購入から数年も経過していると、ハードディスク内の記録領域である磁性体が劣化していたり、バッドセクター(不良セクター)が多発し始めているケースがよくあります。そのような状態で、フォーマットを実行すると、ほとんどのケースでデータを破壊し、データ復旧が不可能になりやすいのです。

そのため、安易なフォーマットは危険といるでしょう。

磁性体の劣化やバッドセクターがなければ

尚、磁性体の劣化やバッドセクターがない状態で、100GBの保存容量がハードディスクを使っており、写真データを保管し、ほぼ100%使用していると仮定します。このハードディスクをフォーマットした場合、この段階では100%近くのデータ復元が可能です。

但し、このフォーマット作業後、データを保存した場合、復元できるかどうか、状況によってかなり変わります。

フォーマット後の作業で復旧率は変わる?

例えば、写真データ10,000枚が保存してあったハードディスクをフォマット後、100枚程度をその後に作成し保存した場合、一部の写真データは壊れますが、多くのデータを復元できる可能性があります。

ですが、保存していた写真データ10,000枚に対し、フォマット後、5,000枚ほどデータを保存し直した場合、データ復元できる可能性はほとんどありません。

このようなことは、フォーマットだけではなく、削除データも同じです。

関連記事

  1. 復旧データのフォルダを選択できないケースはありますか?

  2. よくある質問

    よくあるご質問

  3. 復元後の動作確認

  4. ご質問

    データを復旧した後、現在の環境で、データは正常に動作するのでしょうか?…

  5. データ復旧サービスの依頼方法について

  6. データーの流出、個人情報の流出が心配なのですが、大丈夫でしょうか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お申込み
お問い合わせ

お客様の声

  1. 垣原様
  2. 金山様
  3. 益井様
  4. 内藤様
  5. 小山内貴樹様
  6. 高田様
error: Content is protected !!